肌色。



肌色塗れました~。


って、TOP画像は途中段階の写真ですが…^^;



まずは白サフ状態。

20120225_07.jpg 20120225_06.jpg

表面処理が終わった状態でグレーサフを全面に吹いていたのですが、ボッテリ吹きすぎてたが気になってドボン。
プライマーでやり直すことに。
でも、緑色のパテを使っていて下地として影響しまくるので、結局上から白サフを薄めて吹きました。
というのが、画像の状態。

遠回りしすぎ(苦笑)



そして、ようやく肌色を塗ります。

20120225_03.jpg 20120225_04.jpg



使った色はこんな感じ。

20120225_05.jpg

基本的には肌の内側からの色を順に乗せていく感じですが、そこから更にイメージに近づけていくために色味を振ったり、階層を戻ったり進んだり。
この辺りの調整は色のセンスがあればすんなり決まるんでしょうが、自分には相当難しい^^;



最終的にはこんな感じになりました。

20120225_08.jpg 20120225_09.jpg

色味を正確にと思って撮ったのですが、背景暗いですね^^;
もうお気づきかもですが、スーツの部分にも肌色をしっかり入れているのは透け塗装をするためです。
よって、乳首も描きこみます。
エナメル塗料を筆塗りで描きこんでいったのですが、上手く出来ず…。
結局、パステルに切換えました^^;
もうちょっと筆も上手くなりたい…。って筆使いまくるしかないですが。

スーツの赤色の部分は、ストッキング系の素材で考えてましたが、ボンデージファッションを調べているとラテックス系でも透ける素材があるので、イメージ的にはそっちだろと。
といって、テカテカのツヤありにすると、オモチャっぽくなると思うので、ツヤは控えめに。



透け塗装は失敗出来ないので、慎重に行きたいですね~。

それにしても、空山氏の絵は素晴しい。どんどん魅せられている気がする…。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

 朋 : 2012/03/06 (火) 09:35:41

 ハニーか。サトエリに印象しかないな。(w
 にしても、透かす事を前提とした塗装とは。 主にソリッド塗装がメインなので下地色によって本塗装の発色が違うと言う程度の認識なのですが、奥が深いですなぁ。
 継ぎの目標は、光沢仕上げと言ったところかも。
 日記に塗装のことを更新したので休憩がてら突っ込みでもどうぞ。

かーくん : 2012/03/07 (水) 11:54:07

>朋さん

自分的には、空山氏のイラストに次いでサトエリが出てきます(笑)
実は、ソリッド=顔料の塗料でも透かしは出来るんですね。方法は記事にしますのでお楽しみに。といっても割と一般的に知られてるのかな?という程度ですけど^^;
塗装は奥が深いですね。一生かかってなんとか極める様なものなんでしょうね。

光沢仕上げということは、コンパウンド掛けも始まりそうですね。

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

明山勝重

Author:明山勝重
(Katsushige Akeyama)

ガレージキット ペインターです。

現在はペイントマスター製作のみで活動中。
(一般の方の製作代行依頼の受付は休止中です。)

豊かな色彩感覚を掴むべく日々精進…。

完成品ギャラリー




























メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ