スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワイヤーベンダー



ワイヤーベンダー作りました。


20120207_04.jpg

上の画像は、ハニーのベース。台座とも言う。

この真ん中の取っ手はホワイトメタルと言われるシロモノで、鉛と錫(すず)、少量のアンチモンの合金です。
と言うことは半田にアンチモンを足せばホワイトメタルの出来上がりということか…。
アンチモンの比率が上がると硬く、曲がりにくくなります。
融点が低く(150℃程度)、鋳造に適しているため、レジンが一般的になる前はこのホワイトメタルが主流だったようですね。とは言っても、いわゆる最近のフィギュアが出てくる遥か前の話になるのかな。

で、このホワイトメタル製の取っ手。
整形してもいいけど、真鍮線曲げる方が手っ取り早いしと思い、3mmの真鍮線を曲げようとしたんですけど流石に硬い^^;
ラジペンとかを使って普段どおり曲げようとしたけど、硬くて綺麗に曲がらない…。


というわけで、ワイヤーベンダーの登場。
読んで字のごとく、針金を曲げる工具です。

ただ、意外とこのサイズでは小さ過ぎて需要ないのか売ってないんですね^^;
だったら作ろうかと。

ネットで調べると、結構作っている人が居たので参考に。
出来るだけ安く、簡単にをコンセプトに作ってみました。


材料はこんな感じ。
アルミの板材とボルト類。

20120207_01.jpg

トータル720円なり。


そして、アルミ板材の加工。

20120207_02.jpg

板材を高速カッターで切断、ヒンジ部分の逃げはグラインダーで削って、ドリルでボルト用の穴をあけます。
後は組み立てて完成。


使い方はこんな風に対象物を挟んで…、

20120207_05.jpg


てこの原理で曲げます。

20120207_06.jpg


取っ手完成。

20120207_07.jpg

左がキット付属のホワイトメタル。右が真鍮を曲げたもの。
キット付属の取っ手とは曲げのアールが違いますけど結構きついアールでも綺麗に曲がる。

因みにラジペンで曲げるとこんな感じに。
(画像右側のやつ。)

20120207_08.jpg

なんともダルい感じ。アールも綺麗に均等に曲がらないですね。
これは結構使えるかも。


20120207_09.jpg

で、ようやく完成。
と思ったら、アールがきつ過ぎてバランスが変…(苦笑)
文章書きながら写真見て気がついた。

さてどうしたものか…。
ホワイトメタル磨いた方が早かったのか?(笑)


というわけで、次回に続く…^^;
スポンサーサイト

この記事へのコメント

 朋 : 2012/02/09 (木) 13:35:00

 これこれ、ラジペンだと同じRに曲がらない悩みがどうしても出るからこれを作ると非常に便利ですね。
 うちでも、GND配線の時にどうしても針金細工が必要だからこの手の道具を作ろうかと画策中だったので参考します。(エアコン用のパイプベンダーの流用を考えてました)
 どちらかといえば、曲がった錫メッキ線をまっすぐに伸ばす機械を考案しないといかんのだが。(w

かーくん : 2012/02/09 (木) 22:08:59

>朋さん。
参考になれば幸いです。
なるほど、GND配線なら使用頻度も多いでしょうし、使いやすいのを一台作れば作業が捗ると思われます。
因みにパイプベンダーも滑車の車輪やベアリングをバラして軸側を使ったりで自作出来るみたいですね。
パイプ径に合ってかつほしい曲げのアールを出せる受け軸さえあれば簡単に出来る様ですね。
ってそれを探すのが大変かも知れませんが(笑)

曲がった線材をまっすぐにするのは流石に難易度が高そう…^^;

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

明山勝重

Author:明山勝重
(Katsushige Akeyama)

ガレージキット ペインターです。

現在はペイントマスター製作のみで活動中。
(一般の方の製作代行依頼の受付は休止中です。)

豊かな色彩感覚を掴むべく日々精進…。

完成品ギャラリー




























メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。