ACCEL FUTURE GIRL ベース加工中 その2

フューチャーガールのベース。
筋彫りだけで、軽くディティールを入れるつもりが、ちょっとアイデアがあったので、少しだけ凝ってみました。


_DSC0002_20101215235618.jpg

↑いきなり完成形(サフ吹き前の状態)。
ベース上面にプラ版をサークルカッターで切ったものを貼り付け、側面にタミヤの1mm角棒を貼り付けています。
ちなみにベースの芯の部分は味付け海苔の缶のフタをレジンに置き換えたものです。
海苔のフタは高さがあるので、シリコン型をとっておくと、簡単にベースが出来ます。レジンの量で高さも自由に出来るので結構便利です。



側面のディティールはタミヤ 1mm 角材です。
貼り付けやすいようにベースの周囲に合わせてリング状にしています。
やり方は、昔ながらの?方法ですが、ベースの径と同等以下の耐熱性のもの(今回はシーチキンの缶)に角材を巻きつけて、固定し沸騰したお湯に漬けます。30秒も漬ければ十分だと思います。
これで、写真の様に綺麗に巻きつけたままのリング状になります。
あとは、瞬着でベースに貼り付け、正面処理をして完了です。

あまり、ベースをコテコテにしてもダメなので、この辺りで置いておきます。
色は白と銀の2色で行く予定です~。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

明山勝重

Author:明山勝重
(Katsushige Akeyama)

ガレージキット ペインターです。

現在はペイントマスター製作のみで活動中。
(一般の方の製作代行依頼の受付は休止中です。)

豊かな色彩感覚を掴むべく日々精進…。

完成品ギャラリー




























メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ