スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COMMANDO 塗装編

20130821_3942_2013101623073013c.jpg

遂にコマンドーの塗装編。

写真は吹付け塗装が一通り終わった段階です。

あっ、台座はまだですけど。







一応解説みたいなものを書きますと…、

単色の金属色を立体に塗ろうとすると単色を塗るのが普通です。
でも、それをするとどうしても間がもたない。
大きな面積になればなるほど間延びしておもちゃっぽくなってしまいます。
そこで、絵を描く様に反射光をもっと演出してやろうという感じです。
そして、模型用の塗料にはメタリック色もあるのでその辺りを使ってやると面白いんじゃないかと。
普段からメタリック色に色味をつける場合、顔料系の塗料を混ぜ込むのですが、あまり綺麗な色は出ないんですね。微妙に濁ってしまう。
この濁り、エンジン等の場合は良い塩梅に重みを与えてくれますが、コマンドーには不向きと判断。
どうしようかと塗料を検索してると、ぴったりのがあるじゃないですか。

Mr.メタリックカラーGXシリーズ。

メタリックカラー同士で混ぜれば大丈夫だろうということで、試しもせずに全色購入。
結論から言うと予想が当たったので良かったですけどね(汗)

塗装の際には瓶の中の色では判断出来ないので、カラーチップにちゃんと吹付けて色を念入りに確認。
少し失敗したのは、プラ板の様に平面に吹いて確認したこと。
実際は局面を多用するので、平面に直接光で確認したのと、キットに塗るのとでは明るさが微妙に変わります。
キットに吹いた方が若干暗めにでます。
なので、実際に吹き始めてからほとんどの調色済の塗料をもう一度微調整。なかなかの手間でした(苦笑)
あとはこれまた手間ですが、パネルラインごとに反射光を意識して塗り込んでいきました。
そうやって一通りエアブラシで吹いたものがトップの画像です。
初めてのトライと言う意味では、反省点はもちろんありますが、そこそこ狙い通りの結果は得られたのでOKかなと。
あっ、あと、パネルラインの墨入れも艶消しにするととたんにおもちゃっぽくなりました。
なので、艶ありの墨入れに。
黒のラインの中にも場所によってはハイライトが入るので、格段に情報量が上がります。
これでメタリック系のグラデーションの表面と上手くマッチングが取れました。

と言う感じで、あとは通常の仕上げ作業で完成。
写真の段階から肌色は2回ほど変更したりとなかなか大変でしたが何とか仕上げまで持っていけました。



気のせいか今日は文章の比率が高いので、もう少し画像を(笑)
備忘録的なことも含めて書いとこうと思います。



20130825_3945.jpg 20130825_3946.jpg

台座も塗装がほぼ終わったとこなのですが、この側面にあるボルト?なのか何なのか。
ここだけ凄くショボかったので、削り取ってコトブキヤのアフターパーツに変更。
これもかなり昔、ガンプラを作ってた時代の余りモノ。
10年以上前だった気がしますが、役に立つものですね(笑)



20130825_3944.jpg

それから、マスキングの小技。
全体に台座がのっぺりしたのでボルトを明るくしたくなったのですが、こういうマスキングってかなり面倒です。
ただ、同じ形のものをマスキングするので画像の様にボルトの形に切り抜いたマスキングテープを使い一か所ずつマスキング → 塗装 を繰り返してみました。
感触としては、これは結構イケてるんじゃないかと。
ボルト以外を全てマスキングするのと比べると遥かに楽に早く塗装出来ると思います。
画像のは、真ん中の円のボルトのみシルバーを吹いたところです。
同じ場面に遭遇したなら、ぜひお試しあれ。



20130904_4056.jpg 20130904_4057_20131019000935071.jpg
そして、スコープのレンズにも新しいものを使ってみました。
透明ホログラムフィニッシュ。
最近はほんとに便利なものが沢山出てますね。
ちょっと分散した光が四角に出るのはシート状という形状のためかとは思いますが、フードの中に仕込むしそれなりに見えればOKなので使ってみました。
結果はギャラリーをアップしたときに確認してくださいね。
薄いのに良く伸びて千切れにくいので使いやすいです。
今回はレンズと小さい部品なので、覆って剥がれない様にクリアコートで押さえ込みました。
最近のアストン・マーティンやランボルギーニ、フェラーリ等のヘッドライトのあれを表現するのにピッタリですね、これ。



と、気が付くとまた文章だらけになるのでこの辺で。
次回はギャラリーUPします。
そして明後日(もう明日か…)は早くもトレフェス神戸。
HEADLONGの雷電が気になる~。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

明山勝重

Author:明山勝重
(Katsushige Akeyama)

ガレージキット ペインターです。

現在はペイントマスター製作のみで活動中。
(一般の方の製作代行依頼の受付は休止中です。)

豊かな色彩感覚を掴むべく日々精進…。

完成品ギャラリー




























メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。