スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COMMANDO 製作編 その5

COMMANDO 製作編 その5。

ディテールアップ編です~。



20130721_3557.jpg

まずは銃。
右端の3連のリングがヘロヘロで気になる…。
最初は削るだけで何とかなるかと思ったけど、やっぱり無理だったので、作り直します。







20130721_3561.jpg 20130721_3562.jpg

真ちゅう線にプラ板を切り出したリングで作りますが、精度が出ないと意味ないのでついでにプラ板で治具も作ります。
この櫛みたいなのでリングの間隔と直角を出します。
使用中の写真を撮ってないから分かり難いですね…。





ええ感じですね。
これだけにしか使えない治具なのでちょっと面倒ですけど、例えば同じパーツがいくつも要るって時には、精度も安定、作業時間も飛躍的に短縮っとメチャ効果的です。



20130723_3565.jpg

次は何とも残念なスコープのレンズ部分。



20130723_3566.jpg

昔買ってたウェーブのH・アイズがぴったりなのでこれを使います。



20130723_3569.jpg

レンズ部分に穴を開けてレンズを仕込みます。
フードの縁も薄く仕上げると更に男前になります。



20130804_3927.jpg 20130804_3928.jpg

最後に腰部分のコーションプレート。
筋彫りがこれまたヘロヘロなので彫り直し。
使った道具は右の画像の感じ。
線と線のぶつかる角部分にあらかじめニードルで穴を開けます(”I”の部分)。
テンプレートをガイドにPカッターで上の穴から穴を繋ぎます。
上で開けた穴はPカッターのストッパーの役割です。
あと、テンプレートは両面テープで貼るとよりしっかり固定出来るかと。



20130813_3940.jpg

彫り過ぎたりしたとこをテックボンドで埋めたりしてサフを吹いて表面処理完了。
写真でバレるかもですが、あまり、筋彫りは得意ではない(苦笑)
四隅のリベットはその部分に開口しておいて、塗装後にインセクトピンを入れ込む予定。



20130813_3939.jpg

全身金属色なので、通常の塗料よりもキズが目立ちやすく、表面処理が重要になります。
よって珍しく全身サフ吹き。
このグレー一色というのも造形が掴みやすいので好きですね。

本当に気に入っているガレージキットはサフの吹きっぱなしで飾りたい…。

と、コマンドーは依頼品なので、こっから塗装です。
頭のてっぺんからつま先までメタルな感じ。
これをどう表現するかが悩みどころですね。

いや、今回は珍しく悩んでないですけど(笑)

一応前から考えていたことがあったので、試してみることに。
その辺りを次回に書きたいと思います。
例によって塗装途中の写真はほとんどないので塗装編は一回で終わります…(苦笑)
塗装中は集中するので気が付くと写真忘れるんですね…。
毎回同じこと言ってますね、スミマセン…。



それではまた次回。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

明山勝重

Author:明山勝重
(Katsushige Akeyama)

ガレージキット ペインターです。

現在はペイントマスター製作のみで活動中。
(一般の方の製作代行依頼の受付は休止中です。)

豊かな色彩感覚を掴むべく日々精進…。

完成品ギャラリー




























メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。