スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COMMANDO 製作編 その2

今日は、コマンドの製作編 その2です。

気付けば2週間も更新が空いてしまってますね…(汗)
いきなり月3回更新が危うい(苦笑)

製作記事ってのはもうちょっとテンポ良く載せていかないとなぁ。
折角読んでもらえても続きがなかなか更新されないのはイカンですね。

コマンドは完成しているので、ギャラリーのアップまでは更新頻度上げたいと思います。



20130702_3440.jpg




では、本題へ。

上の画像は見れば分かりますが、曲がってます。
ヒールとかラインが凄く大事なので、こういうところはキッチリ直します。
直し方は鍋で茹でて手で曲げ直す感じ。
途中写真と修正後の比較画像は撮り忘れてしまったので、完成ギャラリーでご確認下さい(苦笑)

この作業での大事なポイントは温度をしっかり上げた状態で曲げ直すと言うことでしょうか。
ガレージキットのレジン(樹脂)は無発泡ポリウレタン樹脂が主流ですが、約80℃以上で柔らかくなる素材とのことなので、それ以上の温度を保った状態で曲げ直す必要があります。
特に上のピンヒールの様な細いパーツなんてお湯から上げた途端に温度が下がり出すので注意が必要です。
曲げ直したつもりでも少し時間が経つと形が戻ってしまいます。



20130706_3452.jpg 20130706_3451.jpg

破損部分はプラバンやパテで修復。



20130708_3464.jpg

アンテナは伸ばしランナーで。
適当に伸ばして、良い太さと綺麗なカーブの部分を切り出します。
写真撮った後に気付いたのですが、ラインが微妙だったのでこれはボツ。
あとでやり直しました。



20130703_3445.jpg 20130703_3447.jpg

銃のスリングの金具も精度が悪かったので作り直し。


20130705_3448.jpg 20130705_3449.jpg

真ちゅう線を曲げて使用。
これ位ならOKかな?



20130624_3429_20130928122805864.jpg

接着強度を上げるためか、ヒールの底にブロックがついてます。
そのままだとおかしいので修正。



20130624_3430.jpg

ブロックはヒールから切り離し、台座へ埋め込んでやります。
デザインナイフが写り込んでますが、タミヤの小さいノコで切断してます。
紛らわしくてスミマセン…。



20130711_3485_2013092812291158a.jpg

ヒールの底面はキッチリ面を出して、台座側はプラバンで面を出してます。
ヒールは台座にしっかり接地させ、隙間が出来ない様に。
いくら綺麗に塗装しても、こういった部分の精度が悪いと台無しになります。

ブロックを切り離すことで強度が心配になるかも知れませんが、3.5×20㎜のタッピングビスで固定するので強度は十分です。


次回はメタルパーツとか透明パーツとかを予定してます。
近いうちに更新しますのでお楽しみに~。



追伸
そういえば昆虫人ってどうなったの?ってご意見を頂いたのですが、そのことを書くのをすっかり忘れてましたね(汗)
結論から言いますと、しばらく時間を頂き、作れそうになった段階で作るということにして頂きました。
普通なら依頼のキャンセルでもおかしくないのに、こういった提案を頂けて感謝します。
一旦リセットしてもう少し経験を積んでから再びトライしたいと思います。
技術的な課題もあるので、手書きの模様がある手持ちキット = ビリケンのプレデターを塗ろうかなとも考えてます。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

明山勝重

Author:明山勝重
(Katsushige Akeyama)

ガレージキット ペインターです。

現在はペイントマスター製作のみで活動中。
(一般の方の製作代行依頼の受付は休止中です。)

豊かな色彩感覚を掴むべく日々精進…。

完成品ギャラリー




























メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。