スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カムフラージュ



昆虫人の記事が暫く空きましたが、ある程度方向性は見えた感じ。
上の画像は前回の記事の後、色々試した挙句にドボン。
その時の写真です。




いや~、今回はいまだかつてないくらい作業が進まない…(汗)
難しいですね昆虫は…。

ミギーの後も製作依頼1件と部分リペイント3件と並行しつつだったのですが、結局、昆虫人が取り残される状況…。

と言うわけで、ドボンの後、気を取り直して、作戦も練り直しで少しでも進めて行きます。

20130617_3406.jpg 20130617_3408.jpg 20130617_3407.jpg

まずは一番明るい色になるところ。
一応人型なので、人肌の色に昆虫系の色を混ぜつつ重ねていきます。
甲殻部分との境界はないところも多々あるので、ある程度カバーするように塗っていき、途中から色を切り替えていく予定。



20130619_3414.jpg 20130619_3413.jpg

一番外側の固いであろう甲殻の部分はイメージが決まっているので先に塗ります。
正確には、中間のつなぎ方が決まっていないので、進めないという状況ですが…(笑)
先に両サイドを決めてその中間を後からつなぐ方がやり易いと思ったので今回はその方向で。

ムラムラになっているのは、一旦ラッカーのマホガニーをベタ塗り、先のダメになった筆にシンナーを含ませてトントンと叩く様にして塗料を剥ぎ取っていきます。
これが下塗りの第一段階。



20130622_3421.jpg 20130622_3420.jpg

そして、ムラムラに合わせて、エナメルでアイボリー色を作って筆塗り。
昆虫の保護色の雰囲気を目指してひたすらちまちまと塗っていきます。
丸二日くらい掛かかりました。

途中、半泣きになりつつもがんばりましたよ(笑)

もっと適当でもそれなりには見えるのかもですが、バッタっぽいのを目指すには大事な部分。
保護色でも背景合致と言われるパターン。
と言っても、部分的な使用なので本質的には保護色とは言わないのかも…。

しかし、昆虫の模様だけとっても神秘に満ちていますね。
芋虫だけはスーパー苦手なのでダメですが、それでも美というのを感じずには居れない…。

と、一応ここまでが下地塗装と言った感じです。
ここから更に色味を足したり模様を書き込んだりを繰り返していきます。
あと1週間くらいで完成まで持っていきたいとか思っていますが、自信はあまりない(苦笑)

いや、がんばりますけどね。



そして、新たな依頼にも着手。

20130622_3422.jpg

またまた大型キット。
全身メタリックなので表面処理が相当大事。
時間もかかるので製作スタート。

この後にも沢山依頼を頂いているので、気合い入れて完成させていきたいと思います。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

明山勝重

Author:明山勝重
(Katsushige Akeyama)

ガレージキット ペインターです。

現在はペイントマスター製作のみで活動中。
(一般の方の製作代行依頼の受付は休止中です。)

豊かな色彩感覚を掴むべく日々精進…。

完成品ギャラリー




























メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。