クリーチャーは奥が深い。

20130503_2803_20130519102159.jpg 20130503_2804_20130519102200.jpg

ご無沙汰しております(汗)
突然増加した依頼にのまれていましたが、少しこなせてようやく精神的にも少し余裕が戻りつつある気がしないでもないので、ブログ再開したいと思います。

人間一人のキャパ、特に自分の様なトロいヤツでは、ほんとに微々たるもの。
全然余裕もなく、気が付けば2ヶ月以上のブログ放置新記録達成…(苦笑)





このままでは不味いので、そろそろブログの方も復活したいと思います。


ということで、本題の昆虫人ですが、銀角に続き悩みまくりです。
これまでで一番悩んでるかも…。
今抱えている依頼の中では一番先に受けているものなのですが、未だ完成せず(汗)
毎度のことながら、お待たせしてしまい済みません…。


この昆虫人、原型も完成見本の塗装も勢いだけで突き進んでる節もあり(笑)、ある程度のイメージを持って塗っていても、造形を追っていくと訳が分からなくなります。
迷いが出てきた状態で塗り進めると、自分の場合必ず失敗します…。


クリーチャー系は適当に色を重ねれば、楽に作れるような気もしますが、もちろん、それなりのものは出来ると思いますが、グロさを美しく表現するのは難しい…。
クリーチャーを塗るときの重要な部分でありやりがいのあるところなので楽しいですけど、昆虫人も流石に時間が掛かり過ぎな部分もあるので、そろそろ仕上げないと…。

今は、一旦ドボンして、最初から塗り直し中。
実物のバッタの写真と原型、完成見本から、自分のイメージをより具体的に再構築して進めているので、今度は大丈夫。


なハズ…。


トップの画像は両方ともボツなんですが、模様としては面白いと思うし、絵がないと寂しいので載せました(笑)
ACCEL 矢竹さんの真綿フィルターなんかも入ってます。
模様の塗装はクリーチャー系では良く使うので、また記事にしたいですね。


次回は、他の完成したもののギャラリーを更新したいと思います。
そういえば、松本零士作品のキャラは初めてですね~。


お楽しみに。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

明山勝重

Author:明山勝重
(Katsushige Akeyama)

ガレージキット ペインターです。

現在はペイントマスター製作のみで活動中。
(一般の方の製作代行依頼の受付は休止中です。)

豊かな色彩感覚を掴むべく日々精進…。

完成品ギャラリー




























メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ