銀角、塗れました。

20130101_1698.jpg



ようやく、塗装の決着がつきました。


腰回りの赤の玉飾りの色が完全に浮いてますが、装飾が全て終わった段階で最終的に調整を掛けるつもりです。
室内の明かりで簡単に撮ったので、微妙な色味が完全に飛んでいますね(汗)



20130101_1694.jpg 20130101_1695.jpg

背中のクリーチャー。
模様を入れようかとも考えたのですが、縄でぐるぐるに縛り上げるのでシンプルに。
”ブニブニ”感と皮膚の下の素材感?が伝われば良いのですが…。



20121228_1687.jpg

台座はこんな感じです。
(これまではベースと言う表現を使っていましたが、台座の方が意味合いが合う様なので、以降台座でいきたいと思います。)



塗装の方法を書こうかとも思いましたが、延々立ち上げたり、沈めたりと言った感じで繰り返していたので、あんまり書きようがないですね…(苦笑)
とにかく、色んな色を使って、緑でも、色んな緑を塗るといった感じで、豊かな色彩を出そうと意識しながら塗っていました。
絵画のイメージでしょうか…。
最終的にそのもの、例えば、クリーチャーの皮膚とか、銀色の角に見えればOKと言った感じ。
失敗しても上からどんどん色を重ねて行けばいくらでも修正できるので、そういう意味で今回は筆の置きどころの様なものを暫く見失っていました。
3、4体分くらいの塗装時間と労力を使いましたけど(笑)、貴重な経験になったので良しとしましょう。
無駄とも思える膨大な工程(試行錯誤とも言う)を経て、自分の色みたいなものが滲み出て来るのではないかと思っています。



現在はクリーチャーの拘束具兼装飾を製作中。
こちらも絶賛難航中ですが(笑)、なんとか乗り切りたいと思います。



それでは~。




スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

明山勝重

Author:明山勝重
(Katsushige Akeyama)

ガレージキット ペインターです。

現在はペイントマスター製作のみで活動中。
(一般の方の製作代行依頼の受付は休止中です。)

豊かな色彩感覚を掴むべく日々精進…。

完成品ギャラリー




























メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ