スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Missionary 塗装編 その6

20121023_1273.jpg


こんにちは。
早速ですが、スカートとパンツの修正行ってみたいと思います。




20121021_1255.jpg 20121021_1258.jpg
20121022_1259.jpg 20121022_1260.jpg
20121022_1261.jpg 20121022_1262.jpg
20121022_1263.jpg 20121022_1264.jpg

まずは、スカート。
もう一度メッシュ模様にトライするため、一旦MAXグレーでオーバーコート。
模様をもっと生かすために、今度は白でなくスカートのベース色となるタンに茶を混ぜたものを吹きました。
そして、ベースからハイライト、ベースからシャドーまでをエアブラシでグラデーションをつけます。
これでベース色の部分ははっきりとメッシュ模様が残ります。
光の加減で縫い目が見える部分と見えにくい部分を同時に表現することを目指しました。
また、傷部分もこげ茶で更に暗く落とします。
トップスとの境目も少し極端に暗くし過ぎたので、今回は控えめに。



20121022_1265.jpg 20121022_1266.jpg

次はパンツの修正。
格子のメッシュ自体がイメージと違ったので、新たな方法を試します。
用意したのはコーナンで大きなブロックで売っているスポンジ。
手頃なサイズに切って、表面をピンセットで摘まんで、適当に引きちぎります。
これにエナメル塗料をつけて、スタンピングします。
画像では、スポンジの面が平らになっていますが、最終的には、もう少しちぎって、スタンピング面を丸くしています。
プラ板の切れ端に色々スタンプやフィルタを試して雰囲気を掴むと良いと思います。
ただし、キットに直接やってみないことには分からない部分も大いにあるので、あくまでも雰囲気を掴む程度です。



20121023_1268.jpg 20121023_1269.jpg
20121023_1270.jpg 20121023_1271.jpg
20121023_1272.jpg 20121023_1274.jpg

また一気に画像を並べましたが、まずは、タンで一度オーバーコート。
前の塗装がまだ透けたりしていますが、模様が複雑になる分には構わないので簡単にコートします。
そして、スタンピング。雰囲気を確認しながら2色使いました。
ここで、一旦ラッカーの艶消しクリアーで上からオーバーコート。
エナメル塗料のスタンピング層を保護します。
エナメル塗料の上にラッカー塗料だとエナメル塗料が溶けると思われますが、エアブラシで吹付ける分には全然問題ないです。
そして、エナメル塗料のこげ茶を全体に塗って、ぺトロールを含ませた筆で剥ぎ取り。
スタンピングの2層とこの剥ぎ取り模様の1層で、ミショナリーのゴワついたパンツの質感を狙っています。
そして、ハイライトを軽く吹いて、布の擦り切れ感も出します。
シャドー部分もグラデーションをつけて修正完了。



20121030_1306.jpg 20121031_1308.jpg

仕上げとして、トップスはドライブラシで、全体のディテールを浮かび上がらせていきます。
そして、上に行くにしたがって明るくなるようにもしています。
顔も同じくドライブラシ。ハイライト部分を強調して立体感を出していきます。
ドライブラシの工程が終わると一旦、ラッカーの艶消しクリアーでオーバーコート。
最後に血糊をエナメル塗料で追加します。
顔の袋とトップスは、ミショナリー自身からの血(恐らく袋で塞がれている部分からの流血)で長い時間が経っているので黒ずんだ感じに。
スカートには、ミショナリー自身の血と共に、返り血も相当に浴びていると想像。
鮮血を多めに。
全部筆塗りですが、布地に染み込んだ感じや黒く固まった雰囲気を意識しながら塗っていきます。



20121031_1307.jpg

ベースにも被害者の鮮血をバランスを見ながら描きこんで完了。



この後、依頼を頂いた方より、スカート部分(特に背面)の血が少ないとの指摘を頂いて、そこを修正。
そして、トップスにも少し返り血を飛ばして、スカートとの繋がりも意識しました(スカートにだけ返り血とか変ですもんね…)。
これで、完成度も更に上がったので良かったです。

客観的な視点というのは本当に大事です。
出来れば色んな人に見てもらって意見を貰えれるのが良いかと。
自分の場合は必ず弟には見てもらいます。
結構辛口評価なので凹みますけど(笑)その分、上達の糧になっています。

弟よ、ありがとう…。



と言うわけで、ミショナリーの製作記は無事終了となりましたが、楽しんでもらえたでしょうか?
ざっくりとし過ぎた説明だったかも知れませんが、そこはご容赦くださいませ(笑)

次回はギャラリーUPです。
お楽しみに~。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

: 2012/11/30 (金) 17:16:43

いつも楽しく、読ませてもらってます。

今回は、作る過程を見せていただいて、新鮮でした。

次回のギャラリーのアップも、楽しみにしています。

かーくん : 2012/12/01 (土) 00:28:46

月さん

いつも見て頂き、そしてコメントまでありがとうございます。

記事を書いてるときは、つまんなくないかな…? 等々、不安もありますが(苦笑)、楽しんでいただけたとのことで、嬉しいです。

ギャラリーもお楽しみに!

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

明山勝重

Author:明山勝重
(Katsushige Akeyama)

ガレージキット ペインターです。

現在はペイントマスター製作のみで活動中。
(一般の方の製作代行依頼の受付は休止中です。)

豊かな色彩感覚を掴むべく日々精進…。

完成品ギャラリー




























メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。