Missionary 製作編 その3 整形の続き~仮組みまで

20120824_458.jpg



製作編 その3。
行ってみたいと思います~。




まずは薄いパーツの曲り補正。
TOP画像の様に薄いパーツは、複製時にヘロヘロに曲がったりすることがあるので、曲げ直して真っすぐにしてやります。
気泡埋めなどの方を先に紹介してしまいましたが、順序としては、こちらを先にやる方が良いですね(汗)
気泡埋めをしてから曲げると、せっかく埋めた瞬着やパテが取れてしまいますので…。



20120824_459.jpg

やり方は簡単で、パーツを鍋に入れて煮ます。
これで、柔らかくなるので、お湯から出して、曲りを直し、水で冷やせば完了。



20120824_460.jpg

こんな感じでしょうか。

あっ、火傷にはご注意を。



これで、パーツの整形~表面処理は終わったので、塗装前のパーツの接着です。



20120815_410.jpg

まずは軸となるアルミ線を通すために、3㎜の穴を開けていきます。
これは脚の付け根。胴体側です。



20120815_411.jpg

脚側にも。
穴位置の精度についてはまた別の機会に書こうかと思いますが、練り消しを使った方法が、簡単で精度も出やすいのでオススメです。
“練り消し”と“穴位置”で検索すると幾つかヒットします。



20120815_412.jpg

そして、軸用の3㎜のアルミ線を挿入。
真ちゅう線を軸にする方が、強度的には強そうですが、穴自体が曲がっていると、パーツに差し込んだ状態で真っすぐにすることが難しくなります。
また、そのまま無理やり接着しても、ずっと真ちゅう線が反発しようと力をかけ続けるので、数年後に突然パキッとなったり、軽く当たった衝撃でパキッとなったり…。
これが、アルミ線だと遥かに柔らかいので、この反発力がほとんど掛からないです。
なので、自分はアルミ線を好んで使っています。



20120815_416.jpg

トンファーの付け根には0.3㎜の真ちゅう線を入れています。
アルミ線が良いと言いながら、いきなり真ちゅう線使ってますが(笑)、穴自体は0.5㎜で開けて、クリアランスを取っています。そして、テックボンドを流し込んで接着。
接着面積を稼ぐと言った意味合いの方が大きいです。
パーツによって、0.3㎜の真ちゅう線と2㎜、3㎜のアルミ線と径を使い分けていますが、これを書いてると、アルミ線は2.5㎜一本でも問題なさそうですね。



20120824_451.jpg

そして、接着。
接着には強力なエポキシ接着剤を使用します。
自分が使っているのは、マジックスムース。恐らく模型用ではこれを超えるのはないと思います。
ホライジングさんで取り扱ってます。



20120824_454.jpg

練るとこんな感じ。
粘度は高めで、垂れないので扱いやすいです。
練り合わせ後、1時間ほどで硬化が始まり、気温にもよりますが約12時間で硬化するので、慌てずに作業出来ます。



20120824_455.jpg

固まるとレジンに近い固さになるので、そのままパテとしても使えます。
脚の付け根は若干隙間が出来るので、マジックスムースを多めに盛って張り合わせ。
ワザとはみ出させます。



20120824_456.jpg

それから、爪楊枝で簡単に整形。
両足がちゃんと接地していることを確認して硬化を待ちます。
硬化後に整形するのもレジンと同様の処理が出来るので便利です。
ミショナリーの場合はもともとの面のテクスチャが豊かなので、爪楊枝で整形したままです。



20120815_414.jpg

最後に全体を仮組み。
肩部分のみ塗装後に接着しようと思うので、トータル3パーツの状態で塗装に入ります。

塗装前にどこまで組むか…、昔は結構悩んでましたが、最近は合わせ目の隙間処理が手間なので出来るだけ組み立ててしまいます。
特にクリーチャー系はマスキングもあまり必要ないのでガンガン組んでも大丈夫ですね。
因みに、今回はトンファーをぶつけて折る自信があったので(笑)、肩から先だけは接着しませんでした。
この部分だと、パーツの合わせ目も奥まったところにあるので問題なしです。



これで本体の方は塗装に入れますが、ベースがまだなので、次回はベースの製作編と言う感じで…。

それでは、また。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

明山勝重

Author:明山勝重
(Katsushige Akeyama)

ガレージキット ペインターです。

現在はペイントマスター製作のみで活動中。
(一般の方の製作代行依頼の受付は休止中です。)

豊かな色彩感覚を掴むべく日々精進…。

完成品ギャラリー




























メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ