プラモデル。

前回予告をしておきながらなかなか更新できずでしたね(^_^;)


今回は予告通りの手持ちキットの紹介編です。
といっても、ガレージキットではなくプラモデル。

でも、ジャンル的にはいつもと一緒だったりします。

20120906_770.jpg

MOEBIUS MODELS の BELA LUGOSI as BROADWAY'S DRACURA、そして ELVIRA MISTRESS OF THE DARK。



プラモデルは久々に買った気がする…。

大学生の頃にガレージキットに出会うまではプラモデルをずっと作ってました。
1/35のミリタリーに始まり、戦闘機、クルマ、バイク、ガンプラ…。
ミリタリーのジオラマ=情景模型や鉄道模型なんかも作っていました。
懐かしい…。


今回買ったプラモデルはどちらもメビウス製。
こういったキャラクターモデルのプラモデルは初めてなので新鮮です。
箱を開ける時のワクワク感がいつもより強かった気が…。



まずはエルヴァイラから。

20120906_772.jpg 20120906_771.jpg

パッケージの底面に完成見本がありますが、絨毯のラグにソファ、ろうそくのスタンドなど小物も盛り沢山で眺めているだけで楽しい。
ソファの脚の部分の蜘蛛の巣とか、ラグの下から覗くモンスターとかワクワクします(笑)
エルヴァイラもメビウスというブランドもあまり知らなかったのですが、この雰囲気にヤラれました。
1/8スケールですが、ラグの横幅は26センチもあるので組み立てれば凄く存在感が出ると思います。

造形が結構ダルいので(そこが良い!)、こちらは昔のキットの復刻なのかな?
ちょっと情報が見つからなかったので定かではありませんが…(^_^;)



それから、ベラ・ルゴシのドラキュラ。
1920年代のブロードウェイでのドラキュラ役を再現したキットの様です。
まず、ベースの大きさにビックリ。
こちらも1/8スケールなのですが、その大きさゆえ、非常にボリュームがある。

20120906_773.jpg

ガレージキットもプラモデルもそうですが、箱を開けてパーツを取り出して眺めるときが一番ワクワクするかも。
パーツ状態のキットと言うものはなんとも良いですね。



20120906_778.jpg 20120906_776.jpg

こちらは完全新規金型で、ダルさも全然ない。
とはいっても、国内のと比べると大らか?な作りですが…。
金型特有の制約はありますが、下手したら、ガレージキットと変わらないくらいの出来。
特に革靴の雰囲気が良く出ています。



20120906_779.jpg

この雰囲気…。

良いベースがあるとそれだけで空気感が生まれます。
そういえば、昔からジオラマや簡単なベースが付いたものは凄く好きでした。
アメリカでは、ベースまで含めて一つの作品なのが多い気がします。
サイドショウなどのスタチューなどもベースが凄く良い。

ベースって大事。

そう思います。



20120906_774.jpg

ルゴシのキットにはアメージング フィギュア モデラーの冊子が付いていました。
ドラキュラとルゴシ氏の紹介+作成例が載っていて付録としても出来過ぎなくらい。
MINI-MAG #1となっていたので、これからも冊子付きのキットが出るのかな…?



ガレージキットと同じく、作り手とそれを手にして作る側の両方の思い入れが伝わってくるようなプラモデル。
工業製品っぽくないのはその辺りが影響しているのかもと感じました。

少しずつ作って楽しみたいですねぇ。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

明山勝重

Author:明山勝重
(Katsushige Akeyama)

ガレージキット ペインターです。

現在はペイントマスター製作のみで活動中。
(一般の方の製作代行依頼の受付は休止中です。)

豊かな色彩感覚を掴むべく日々精進…。

完成品ギャラリー




























メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ